Google Adsenseの収益っていろいろな種類があるのを知ってた?

目安時間:約 5分
  • 人気ブログランキング

こんにちは

 

広告を貼って、そのクリック収益を貰うことができるGoogle Adsenseなのですが、実はクリック以外にも収益が上がる方法があるのは知っていましたか?

今回はそのGoogle Adsenseの収益についておさらいしてみましょう。

 

 

Google Adsenseとは?

日本では2003年12月一般向けに募集を開始。ブロガーなどに広まり急速にシェアを広げた。

広告の内容は、コンテンツに連動したものかユーザーのGoogle検索履歴に関連した広告が自動的に配信される

初期費用や月額料金などは一切かからず、サイトを所有していれば誰でも申込が可能であるが、サービスを開始する前にGoogleの審査を通過する必要がある。アダルト関連のサイトや、暴力的なサイト、極端にコンテンツの少ないサイトなどは審査の段階で断られる。

引用:Wikipedia

 

少し補足をすると、最近は特に審査が厳しく、独自ドメイン(有料で手に入れたドメイン)でしか通らない、30記事程度用意しないとダメ、文字数もある程度(500文字程度)は無いとダメ、などハードルが上がっています。

僕も審査を通すのに相当苦戦しました。

【しょんぼり】グーグルアドセンスの審査に落ちた話。

 

 

Google Adsenseの報酬の種類

Google Adsenseには、実は大きく分けて2つの報酬の種類があります。

  1. クリック報酬
  2. インプレッション報酬

 

よく知られているのは1のクリック報酬です。ほとんどの人は、アドセンスをこのクリック報酬目当てに審査を通します。と言うより、最初はこれしか知りませんよね。僕も当然のようにクリック報酬目当てでした。

 

でも実は、2のインプレッション報酬というものもあります。これは何かと言うと、広告を見ただけで収益が上がるという夢のようなものです。クリックしてもらわなくても、見てもらえるだけで良いのです。

 

 

具体的な収益の内容は?

クリック単価は、CPCという略語でアドセンス内では表示されています。

インプレッション収益は、RPMという略語でアドセンス内では表示されています。

(単価、収益など多少単語が違いますが無視して下さいっ)

 

クリック単価は当然大きな収益になりますが、なかなかクリックしてもらえないのが実情です。

だってブログの内容を見に来た人ですから、横にある広告にはあまり興味が無いのが普通です。

確かに広告の種類は、閲覧者に合わせて最適なものを選んでくれている様ですが、それでもクリックは少なくなるのが普通です。

アドセンスの規約にも、「クリックして下さい!」等の宣伝は禁止と書かれていますしね。

 

ですので、基本はインプレッション収益に頼ることになるのかなと思います。

(すごい人はクリック収益をバンバン出している?あまりそうは思いませんが。)

 

 

収益を上げる手段も用意される

このインプレッション収益や、クリック収益を上げるための手段も当然のことながらGoogleから提供されています。Googleは広告料で収益を上げているので、その様な手助けは充実しています。非常に助かります。

広告の最適化というサービスも存在しています。

アドセンスの個人ホーム画面から簡単に設定できるのですが、最適な広告の種類や、場所などを自動でテストしてくれる素晴らしい機能です。僕もチャレンジしていますので、良かったらご覧下さい。

【グーグルアドセンス】テストで収益率アップ?試してみました。

 

 

まとめ

Google Adsenseには収益が2種類あることが分かりました。

  • クリック収益
  • インプレッション収益

その中でも、広告を見てもらうだけで収益が発生するインプレッション収益というものが、ブログを資産化する上で重要なファクターになっているという事が考えられます。

しっかりした記事を書き、読んでもらえるだけで収益に繋がるので、どんどん良い記事を書いて沢山の人に見てもらえるブログを目指していきましょう。

 

  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
すごく気になるサービス
プロフィール
プロフィール

管理人:アルさん

30代の子育てサラリーマン。ご多分に漏れず、知識もスキルも人脈も無い状態で資産ブログ構築を実践中。なんとか検索上位には食い込む事に成功。
目標は月に40万円稼ぐ事。

詳しいプロフィールはこちら

お問い合わせ

カテゴリー
最近の投稿
PR
アーカイブ
最近のコメント

ページの先頭へ